土日でも即日キャッシングが可能な所

キャッシング

急にお金が必要になるのは、曜日は関係ありません。即日キャッシングが土日でも利用出来る所もあります。いざと言う時に困らないよう、前もって確認しておきましょう。
まずは、自動契約機を設置している消費者金融です。店舗は休みですが、自動契約機であれば土日でも利用可能です。自動契約機で申し込みを行い、本人確認もその場で行います。そのままカードを発行してもらい、すぐにATMでお金を引き出す事が出来ます。併設されたATMであれば、手数料無しで引き出しが出来ます。自動契約機に行く前に、インターネットから申し込みを行い、審査まで済ませておくと更に早くATMの引き出しが出来ます。最近では消費者金融と銀行が提携し、ますます便利になりました。自動契約機を使わずにインターネットから申し込みを行い、提携している銀行の口座に振り込んでもらう方法もあります。例えば、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、楽天銀行の口座を持っている人は、その銀行と提携している消費者金融を利用すると良いでしょう。ほとんどの銀行は24時間、365日振り込みに対応していますが、中には初回利用のみ平日の19時までしか対応していない銀行もありますので注意しましょう。少額の借り入れであれば職場の在籍確認は不要ですが、必要な金額が多く、土日の申し込みの場合は、限度額が少額になることがあります。これは職場が休みの為、在籍確認が出来ない為です。平日になってから確認を行い、結果限度額が増えることもあります。
即日融資


店舗に行かなくても即日キャッシング出来る所

キャッシング

出来るだけ早くお金を借りる為には、店舗を探して行く時間も惜しくなります。消費者金融の無人契約機が近くにあれば良いですが、店舗も無人契約機も近くに無い場合もあるでしょう。そのような時は、インターネットを使えば、店舗に行かなくても即日キャッシングを利用出来ます。パソコンやスマートフォンから申し込みを行い、運転免許証などの本人確認書類をFAXもしくは写真を撮ってデータを送ります。すぐに審査が始まり、最短で30分で結果が電話もしくはメールで送られてきます。審査が無事に通過したら、自分が利用している銀行の口座にお金を振り込んでもらいましょう。消費者金融と提携している銀行であれば、よりスムーズに口座に振り込みがされます。振り込みが完了したら、近くのATMで自分の銀行口座からお金を引き出せば良いのです。もしも無人契約機が近くにある場合は、審査まで終わったら無人契約機でカードを発行してもらい、併設しているATMですぐに現金を引き出す事が出来ます。どちらにせよ、ポイントはインターネットで申し込みをして、審査まで終わらせるという点です。店舗に行って手続きするよりも、はるかに早く即日キャッシングを利用出来ます。消費者金融ではなく、銀行でもインターネットのみの操作で即日キャッシングを利用できる所もありますが、その銀行の口座を持っている事が前提になります。自分の利用している銀行が即日キャッシングに対応しているかどうか、一度確認してみると良いでしょう。また、申し込み時間が遅いと、振り込みが翌日になることもありますので注意しましょう。


即日キャッシングを利用出来る時間帯は

キャッシング

即日キャッシングは申し込んだその日にすぐにお金を借りることができる便利なサービスですが、申し込みの時間に気を付けなければなりません。即日キャッシングとはいえ、遅い時間に申し込むと、その日のうちにお金を借りることが出来なくなります。24時間申し込み可能と書いてあっても、申し込み時間によっては審査が次の日になりますし、審査だけ当日で実際の振込みは翌日になることもあります。自分が利用したい金融機関が決まっているのであれば、前もって即日キャッシングが可能な時間帯を確認しておくと良いでしょう。アコムやレイクなどの大手の消費者金融は、平日であれば14時までに申し込みを行い、運転免許証などの本人確認書類の提出を済ませられればその日のうちに即日キャッシングが可能になります。来店の場合も、インターネットでの申し込みでも同様に14時までに書類の提出を行いましょう。また、インターネットや電話からの申し込みでは、指定金融機関口座にお金が振り込まれます。その口座がどの銀行かによっても、振り込み可能な時間が変わってきます。例えば、アコムであれば楽天銀行に口座があるのであれば最短1分で振り込みが可能です。その他の銀行、信用金庫ですと、14時30分以降は翌日の振り込みになりますし、ゆうちょ銀行の場合は14時を過ぎると翌日正午頃の振り込みになります。店舗や無人機で申し込まない場合は、指定口座についても注意が必要になります。


旦那にばれずに借り入れできるの?

パート勤務などの収入がある主婦なら、クレジットカードのキャッシングも、カードローンの利用も好きなところに、申込手続きができますが、専業主婦の場合は選択の範囲が狭められることがあります。
総量規制による決まりで、収入がない方は限度額を決められないため、貸金業のローンは利用ができないようになっているからです。
銀行のカードローンなら総量規制の対象外となり、借り入れ可能なことがあります。
すべての銀行で対応できるわけではありませんが、大手銀行や、インターネット専業銀行、地方銀行でも取り扱っているところも多く、最寄りに店舗がない場合も、ネットサイトに支店を設けている場合があり、比較的選びやすくなっています。
ただ、旦那さんにばれないように借り入れをしたい主婦の方は、注意が必要なポイントがあるのです。
銀行カードローンの中には、旦那さんの承諾書や収入が確認できる書類、勤務先への在籍確認が必要な場合があります。
多額の借り入れが必要ならば避けて通れません。
申込者への確認だけで済むものは、旦那さんに知られることがないように配慮されていることが多いです。
審査結果や契約書、ローンカード等の郵送物についても、開封しないかぎり、借り入れのこととはわからないようになっています。
銀行は平日の昼間に審査をすることがほとんどですので、旦那さんが出勤している間に、確認の電話がかかってくることになります。
固定電話と自分の携帯電話を記入しておけば、携帯電話の方に連絡を入れてもらうことも可能ですので、固定電話に履歴が残る心配がありません。
限度額については、銀行によって違いがありますが、10万円から50万円までと低めに設定され、増額も認められていないことがほとんどです。
生活費やお付き合い目的の用途なら十分な額となりますので、内緒にしておきたいのなら、できるだけ承諾や書類等が必要ないものを選ぶのがおすすめです。